検索
  • saikostyle

大島紬を幻想的なしゃぼん玉コーデに

お彼岸を過ぎる頃になると、太陽の光が加速的に輝きを増して気持ちが高揚し

ます。

春を謳歌する花たちが次々に咲き始める季節には、多彩なニュアンスカ

ラーの艶やかな糸がしゃぼん玉のように美しい煌めきを織りなす、絵羽模様の

大島紬を纏いたくなります。


霞に煙るような木立とその奥に見え隠れする五重の塔が、なんとも幻想的!

母がこれを求めた際には、呉服店に「これはもう、工芸品です」と言われたそうで、

畳紙にも「大島・工芸品」と書かれています(笑)。


精緻な絵画を思わせる贅沢な一枚が、控えめな母にはちょっと面映ゆかっ

たのでしょう。


私は母がこの紬に袖を通した姿を見たことがありません。

きっと、「いつかは娘が着るから」という思いがあったのかもしれません。


母の意志を継いで?! この日は我が家の庭で愛猫あかねと一緒に過ごしました。


叔母の羽織から仕立て直した総絞りの帯のリズミカルな凹凸と、大島紬の艶やかさが

相まって、夢のような「しゃぼん玉コーデ」が完成!


このネーミング、我ながら気に入っています(笑)。






119回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示