検索
  • saikostyle

帯に込められた女性の生き様

個性豊かな織り帯の工房として知られる京都・夢訪庵(むほうあん)。


3月初旬に代官山で行われた展示会へ表敬訪問に行ってきました。

この日の装いは、夢訪庵でデザインや制作を手掛けている、桝蔵順彦さんプロデュースの帯を主役に。

フランスの女優エマニュエル・べアールの「20代の私の容姿は親のおかげ、40代のそれは、私の心の表れ」という名言を、彼女の筆跡のまま刺繍で再現したという、センス溢れる一本です。

帯を引き立たせるために無地の紬とコーディネートしながらも、フエルト製のダイヤモンド型ブローチを、ひと匙の遊び心として帯留めに!


この同じ帯を『家庭画報.com』の連載でも締めています

https://www.kateigaho.com/kimono/hahamusume/67091/



お太鼓に縫いとめられたメッセージのように、これまで育んできた私らしさ=娘のセンスを発揮しながら、きものを楽しみたいと思います。




49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© Saiko Issiki    2020 Kimono Tansu Project