検索
  • saikostyle

春色爛漫!ハミング気分のコーディネート

今回は思わずウキウキと楽しくなるような春色コーディネートをご紹介。


まず、お目にかけるはコーラルピンクとグレーの配色が絶妙な縞模様の紬です。


今はなき昭和の名店「紬屋吉平」で、娘時代に誂えた一枚。その当時は長い髪を結い上げて、黒地に梅を描いた染め帯などを合わせ、2月頃から存分に古典情緒を楽しんだものでした。


一方、近年は軽やかな着こなしが好まれているため、叔母の羽織から仕立て直した総絞りの帯で抜け感のあるコーディネートに。

リズミカルな流線模様が、ポップな色合いとマッチ!帯揚げにもビビッドなピンクを足し算して、お洒落なカフェでくつろぐシーンを想像し、垢抜けた組み合わせにしてみました。


次にご紹介するのは、「虹の帯」と名付けた帯を主役にした装いです。

大胆な手綱文様をカラフルな配色で染めた斬新な帯、こちらも前述の「紬屋吉平」で求めた一本。古典を知り尽くし、ハッとするほど新鮮なデザインを生み出す名物女将・浦沢月子さんがプロデュースしたものです。

温故知新とはいえ、つくづく浦沢さんは天才的な色の魔術師だと感じます。


この日は、「繊維のダイヤモンド」と言われる天蚕糸で織られた紬とコーディネート。陽の光を受けると、蚕が食していた桑の葉の緑が糸の中からふわっと浮き上がってくるような、瑞々しく繊細な色合いが気に入っています。

モノトーンの帯締めと玉虫色に輝く母の帯留めを合わせて、帯周りは大人の表情に。

楽しいお席はもちろん、ちょっと改まった会食でも通用しそうです。




123回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示