検索
  • saikostyle

浦野理一さんの糸の力

このブルーの格子の紬は私が10代の頃、お正月のお客様をもてなす母を手伝う

際に着ていた普段きものです。

色味は落ち着いていながら、袂の丸みもちょっと大きめで、格子の愛らしさと当時の若々しさが感じられますでしょ。

そんな思い出深い一枚を、今の気分で装うためにチョイスした帯は、浦野理一さんの経

節紬の帯です。

ご子息の範雄さんが創意工夫の末にたどり着いた経糸だそうで、無地一色の中で節糸のブツブツが肥沃な大地を思わせるような、温もりと深みを漂わせるんです!

お太鼓の裏側は、ワントーン明るい別染めになっていて、この一手間がすごぶるお洒落。

まさに、後ろ姿のチラ見えの美学なんです。


帯留めにしているのは、インドの手仕事の布を扱っている「kocari(コカリ)」で出会った、フェルトにビーズをデザインしたフォークロアなブローチ。

これを見つけた時に、今回のコーディネートがピピッと瞬時に閃いたほど。


長い間眠っていた10代の頃の紬が、あっという間に今どきのワンマイルコーデになりま

した。











167回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示