検索
  • saikostyle

艶めく黒の紋付羽織

私の子ども時代、入学式や卒業式、授業参観などちょっと特別な日ともなると

母様軍団はユニフォームのように全員が色無地に黒の羽織姿。

当時は、それが制服のようでオシャレに見えなかったのですが、

実はとっても便利でイケていると気づいた今日この頃。

一度気になると頭から離れず、ついに念願叶って一つ紋の黒羽織をお誂えしました。


一枚羽織れば慶弔の略礼装になる、洋装でいえば改まったジャケット感覚。

何よりも、今はあまり注目されていない=特別感もあります。


そんなわけで、今年のお正月は新調した黒羽織で年賀のご挨拶へ。

帯まわりは、ほんの一部しか見えませんから、センスの腕の見せ所!

娘時代の万筋の江戸小紋や唐織の名匠・山口弘躬(やまぐちひろみ)作の亀甲花丸文

の袋帯を引っ張り出し、たっぷりと色を使ってお正月らしい足し算の配色を楽

しみました。

帯揚げやバッグ、ネイルに赤を効かせるのは、SAIKO STYLEの十八番です!










231回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示