きものもライフスタイルも女優・一色采子流に

温故知新をEnjoy!

「母の大切な箪笥のアイテムを、私なりにモダンに着こなしたい!」

そんな思いから始まった、女優・一色采子さんの試行錯誤。

そのスタイリッシュなコーディネート術や豊富なアイディアは

1年間にわたりWeb媒体『家庭画報.com』で連載、

2019年には書籍化も果たしました。

 

書籍のタイトルにもなった

“母のタンス”を“娘のセンス”で楽しむことは、

その後も一色采子さんのライフワークとなり、

今なお、箪笥の中の手つかずのきものや帯と向き合い奮闘中。

譲り受けたアイテムを活かすために、時には新たなアイテムを

投入しながら、“娘のセンス”は日々進化!

さらに、温故知新の遊び心は、きものの着こなしにとどまらず

衣食住のあちらこちらに散りばめられています。

 

そこで、書籍『母のタンス、娘のセンス』に携わったメンバーで

【きものタンス・プロジェクト】を発足。

祖母から母へ、母から娘へ……受け継がれたきものや帯などを、

今の時代に映えるように、お洒落に楽しむことは、

きものを礎としてきた日本女性にとっては不変的なテーマです。

きものも暮らしも、遊ぶように楽しんでいる

一色采子さんの魅力を継続的に発信しながら、

書籍やトークイベントなどを企画しています。

 

年齢を重ねるほどに、ビッグスマイルに輝きを増す

一色采子さんのきもの&ハッピーライフを、どうぞご覧ください。

 

2020年4月 きものタンス・プロジェクト

フォトグラファー 岡積千可

ヘアメイク&着付け 林さやか

執筆と編集 樺澤貴子

© Saiko Issiki    2020 Kimono Tansu Project